読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある工大生の死活日記

とある工大生の死活日記です

KATの解説 [ICTSC7]

f:id:katu7414:20170415203832p:plain

 そう言えば1カ月前にICTSC7が開催されていました。

その中で私はG社の1問目のKATを出題させていただきました。

今さらではありますが問題の解説をさせていただきます。

 

問題を解説する前にまずは皆さん今回の手元ネットワークはどうだったでしょうか?

今回の手元ネットワークの設計は別の運営委員ですが、それ以外の構築・運用・保守は私がメインで担当させていただきました。皆さんができるだけ理解しやすくなるように

様々な工夫はしたのですが感想をくれると次回以降にも考慮していきます。

手元ネットワーク関係の問題を解決するためには必ずどういう構成でネットワークを構築されているのかを知ることはとても重要です。例え図や表が配布されていても必ず自分で確認するということは問題を解決するためには重要です。

ぜひ次回やっていなかったチームはやってみてはいかかでしょうか?

 

では、本格的に自分の問題の解説をしていきます。

f:id:katu7414:20170415205921p:plain

問題のコアの技術

Times-Based-ACLs Time-Based ACLs(時間ベースACL)とは 時間ベースACLは、曜日や時刻に基づいて拡張ACLを動的に適用することができます。時間ベースACLで 使用される時間はCisco機器で保持している時刻なので、Cisco機器はNTP同期を取ることが推奨されます。

簡単なトポロジ

1941b(KAT) → 1941a(KUB) → 疎通先

採点基準

・正しい時間に設定(TimeZoneも日本に設定しないと加点なし)
・Times-Based-ACLsに気付き正しく直す
・正しいACLに設定をして疎通性がとれる

 講評

KATは15チーム中13チームが基準点を満たしていました。これに関しては大方予想通りです。基本は報告書を提出してもらう方法で解答していただきました。その中でも何チームかは芸術点をあげたくなるほど美しい報告書を提出してくれたのでとても嬉しかったです。さて実際の中身は海外から輸入したルーターという斬新な問題でした。トリニダード・トバゴという国(陸上が強いらしい)から輸入したという設定です。何故この国かというとそんなに深い理由はありませんが日本のタイムゾーンJSTに似ているASTだったというだけです。この問題の採点をしていて思ったことは、間違えている解答でよくあったのはACLのINとOUTを変えただけという解答が1日目多かったです。INとOUTだけを変えても問題の本質には何も近づいていないので、基準点はあげれなかったです。

問題の解説としては、これで以上です。

質問があれば↓

twitter.com

ここに何らかアクションくれたら反応します。

次回も運営委員として参加します。また会場でお会い出来ることをお待ちしております。

久しぶりの更新

今日は小学校時代の友達と
焼き肉からの天保山までドライブしてきましたf:id:katu7414:20170128233814j:plain
f:id:katu7414:20170128233839j:plain

久しぶりの更新ということで軽く
今後の予定を書いていこうと思います。
就活の感じとかも後輩のために
書き残していこうとおもってます

2/4 ICTSCオフラインミーティング
2/10 研究室の発表と飲み会
2/11 MBSハッカソンの予選
2/16~2/17 インターンシップ(東京)
2/18~2/19 MBSハッカソン本選
2/20~3/7 ICTSCホットステージ(東京)
3/8大学内の企業説明会
あとは未定

けっこうハードスケジュールですが
頑張ります。
関係各位お世話になると思いますが
よろしくお願いいたします。

2016を振り返って点数をつけるブログ

今年は生活が大きくかわる年になりました。

石垣島での旅
研究室配属
PBLでタイへ留学
インターンシップで1ヶ月東京で一人暮らし
トラコンに運営委員で参加

など様々なイベントに参加して
充実した一年間になりました。
また就活は東京を中心にすると決断したのも
個人的には大きいです。
そんな今年一年に点数をつけるとしたら
100点満点中95点ですかね
残りの5点は思ったよりpythonの勉強が
進まなかったので引いときました。

さて来年2017年は就活がある
人生で大きな分岐がある一年になります。
後悔のない一年になることを願っています。
とりあえずトラコンの検証とあと
ハッカソンに参加する予定なので
頑張ります。

http://www.mbs.jp/hackathon/sp/

チームメンバーあと一人募集中なので
よかったら一緒にハッカソンやりませんか?
大人でも全然大丈夫です。
優勝賞金50万円狙いましょうw

以上です。
2017年が皆さんにとって善き年となると
願っています。

猿でもわかるFPS講座

はじめに

この記事は、OIT Advent Calendar 2016 - Adventar 24日目の記事です。

 

 

そもそも私が誰だという話

ネットワーク学科の3回生で通信方式研究室に所属しています。

勝男(シマ) (@katu7414) | Twitter

趣味は旅行で今年の夏PBLでタイに行ったり高校時代の友達と石垣島に行ったり

してました。

最近はよくice君達とラーメン荘にも行ってます。

よく使うエディタは最近はnanoです。

現在はpythonを勉強中で春からはGo言語する予定です。

将来の夢はおじいちゃんになったときに「昔はネットワーク機器のコマンドは

全て手動で打ってたんだよ」ということです。

来年度に学内ハッカソン的なイベントを学内で主催したいと考えていて

よかったら記事も書いたのでこちらも読んでいってください。

katu7414.hatenablog.com

 

この記事を書くことになったきっかけ

タイに留学したときに@odanくんと知り合いになりカレンダーで面白いこと

していたので参加しました。

技術的な話をしようかな?と考えましたがみんなしてるので俺ぐらいネタを書いても

いいだろうと考えてこのタイトルにしました。

 

では本題

そもそもFPSとは?って話から

 FPS(ファーストパーソン・シューター(英:First Person shooter、略称FPS)とは、主にシューティングゲームの一種で、主人公の本人(第一者)視点(FPSまたはFPV)でゲーム中の世界・空間を任意で移動でき、武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのスタイルを指す。

wikipedia参照

簡単にいえば次の画像のような視点のゲームのこと

f:id:katu7414:20161223143625p:plain

 基本的には自分の手ぐらいしか見えないような視点で

銃などでうちあいをするゲームのことです。

基本的にFPSはオンラインで対戦して遊ぶのが主流です。

よって今回はFPSで上手くなるための秘訣を書いていきたいと思います。

(私自身がPS4でしかプレイしてないので基本PS4の話で進めます。)

 

秘訣①無線は使うな有線を使え

まずは、FPSを使う環境の話です。通信のラグはFPSの外敵です。

できるだけ安定感がある通信環境でプレイしましょう。

ゲームによっては海外ロビー飛ばされると無線でプレイするのは

なかなか難しいです。

ラグのせいで成績が下がるという言い訳をする前にきっちりとした

環境を構築しよう。

 

秘訣②自分性格にあったソフトを選ぼう

FPSのソフトはたくさんあります。

それぞれに特徴があり、好き嫌いもかなり分かれます。

こればかりはしょうがないので

今回は3つの作品を紹介します。

Call of Duty」シリーズ (初心者むけ)

f:id:katu7414:20161223145615p:plain

特徴 

・常にミニマップが表示される

・基本6vs6で少人数

恐らくFPSの最も大手のゲームの1つで全国大会なども活発なゲームです。

また多種多様な武器とゲームモードは他のゲームソフトより

優れているといえます。(最近は武器がガチャで出るようになり糞になった)

割と1人でも勝てるゲームで個人の力量がゲームの結果を

大きく左右するゲームでもあります。

なので俺つえ~をやりたい人にお勧め

しかし初心者でも全くキルができないということもなく

初心者も比較的多いゲームなので初心者に優しいといえることができます。

具体的にどのようにして敵をキルすればよいのかはまた後で書きます。

あと私は今年このゲームの全国大会に出てました。

参考動画

www.youtube.com

 

Battlefieldバトルフィールド) シリーズ 

f:id:katu7414:20161223151329p:plain

特徴

・戦車や戦闘機に乗れる

・64人対戦

・武器のブレがリアルで大きい

今年一番評価が高かったFPSです。このゲームは先ほどのCODとは違い

個人1人だけが頑張っても勝てないゲームと言えます。

よって重要であるのはチーム内のコミュニケーションや

臨機応変に対応する力が最も重要である言えます。

どのようにしてそれらを高めていくのかはこの動画シリーズを

みて私は勉強しました。

www.youtube.com

よってこのゲームは俺たちつえ~がやりたい人におすすめです。

 

レインボーシックス シージ』 (緊張感マックス)

f:id:katu7414:20161223153217p:plain

特徴

・キャラクターそれぞれに固有スキルがあり面白い

・壁に穴をあけて監視やトラップを仕掛けたりなどただ

 相手を倒せばよいゲームではなく戦略や経験が重要なソフト

このゲームは基本突入する側と防衛側にわかれてたかかいます。

非常に面白いのですが初心者には向いていないゲームです。

先ほど述べたようにこのゲームでは戦略と経験が最も重要であり

それらを知らずにするとチームメンバーから誹謗中傷を受ける可能性が

高くFPS経験者にはおすすめできるが初心者にはあまりおすすめできないです。

おすすめ動画

www.youtube.com

 

結論

 俺つえ~→COD

俺たちつえ~→BF

スリルが欲しい→レインボーシックス

 

ここからは実際にプレイをするときに気をつけること

またはやるべきことを書いていきます。

 

秘訣③まずはマップを覚えよう

どのFPSのソフトをやるには必要な行動。

できるならただマップを覚えるだけではなくこの壁は弾が貫通する

とか一見するといけないところにいけるかなどの確認まで

できると優秀であるといえます。

参考動画

www.youtube.com

 

秘訣④常に相手の裏をとるルートで相手を攻める

マップを覚えたら相手の裏をとれるルートで攻めましょう。

これを裏どりと言います。最も重要でかつ基本です。

参考動画

www.youtube.com

 

秘訣⑤上手い人の動画を見る

自分1人で勝手に上手くなる人は稀です。

こんな動きかたあるんだ~とか他人のプレイをみて学べることは

かなり多いです。

そして他人のプレイを見ることで自分のモチベーション向上にも

つながります。

 

秘訣は以上です。

 

注意

FPSやっているひとは民度が低いです。

ですが気にしないでください。

FPSで暴言はいてるやつなど猿以下の知能しかありません。

暴言メールなどよくあることです。

気にせずありがとうとメールを返すか無視するに限ります。

(ぼくは一回2chにアカウント晒されましたが大丈夫です。むしろこれで

有名人になれたと友達と喜んでいました。)

あとFPSやりすぎると語彙力が異常に低下します。

気をつかましょう。

 

 

最後に

よかったら一緒にFPSをしましょ!!

FPSはみんなで一緒にプレイするとめっちゃ楽しいです。

PS4のID→katuo7414

長くなりましたがありがとうございました。

 

 

 

大阪トンテキにいった話

トラコンの帰りに
大阪トンテキという店にいってきました
あまりにも美味しかったので
紹介しようと思いました。
場所は大阪駅前第2ビルにあり
オススメのメニューはf:id:katu7414:20161218234934j:plain
以上の写真のトンテキとハンバーグがセット
になってるやつです。
めっちゃ美味しいしボリュームもあるし
ご飯おかわり自由最高でした
皆さんも大阪に行ったときは是非行ってみては
どうでしょうか?
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27043360/top_amp/

(初心者必見)ハッカソンってなに?

先日学内ハッカソンをやりたいという
記事を書いたのですが
http://katu7414.hatenablog.com/entry/2016/12/16/233101
ハッカソンってなに?っていう人
いたので記事にしようと思いました。

そもそもハッカソンHackathon)とは、ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語のことです。

それで実際にすることは与えられたテーマに対し、それぞれの技術やアイデアを持ち寄り、短期間(1日~1週間程度)に集中してサービスやシステム、アプリケーションなどを開発し、成果を競う開発イベントの一種を指します。

しかしいきなりこれを大学で行うには
厳しいので何でもよいので発表する場所だけでも
提供しようと考えました。
極端に言えば最近自分が興味がある
技術を発表するだけでもいいし何かテーマに沿って
作ってもらってもいいということです。
実際アイデアソンというアイデアを考える
イベントもあります。(大概はハッカソンとセットでする)
それでもよいという感じの緩めの
イベントを学内でできたらいいなーと
考えています。

興味があれば一報ください。

詳しくは1605ゼミ室(通信方式研究室)嶋 勝也まで

学内ハッカソンやりたくない?っていう話

最近外部の活動をみてうちの大学の
イベント少なくない?って思うことがありました
そこで

学内ハッカソンをやろう

と考えました。
でもいきなりのハッカソンは技術敵にも
人材的にも厳しいかな?というのが現状です。
そこで提案したいのが
何でもよいので何らかの技術を発表するイベントを
作ろうと考えました。
どうでしょう皆さん参加したい人いないですか?
一年生からでも参加できて
ある程度敷居が低くなおかつやり込みたい
人も活躍できるそんなイベントにしたいと
考えています。
もっと具体的には何人かの先生をよんで
審査員をしてもらったりするのもよいかも
しれません

大阪工業大学の新たなイベントとして
いかがでしょうか?

やりたいという人いれば主催してもよいと
考えています。
時期は就活が落ち着いてからか
希望があれば来年のゴールデンウィークあたりか
を考えています。
またこういうのがいいとかあれば
意見ください
お願いします。

何かあれば1605ゼミ室の嶋 勝也までお願いします🙇⤵